企業揺さぶったグリコ・森永事件 (事件は問う)
法制度、歯止めにならず

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2015/1/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日々起きる事件は、社会のありようを映し出す鏡である。時代と共に移り変わる価値観、制度、技術がもたらす摩擦や落とし穴を浮かび上がらせる。終戦から70年。かつて世間を揺るがし、人々の記憶に刻まれた犯罪や事故に改めて光を当て、いまの日本社会が抱える課題を考えてみたい。私たちは何を学び、何を学ばなかったのか――。

1987(昭和62)年、1本の法律が成立した。「流通食品毒物混入防止法」。社会の耳目を集め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]