コマツ製重機の販売不振 インドネシア

2014/12/24付
保存
共有
印刷
その他

■ユナイテッド・トラクターズ(インドネシアの重機販売最大手) 11月のコマツ製重機の販売台数は170台と前月比で32%減、前年同月比では31%の減少となった。2008年12月以来最低の水準。石炭会社の投資抑制が響いた。

同社はインドネシアの複合企業アストラ・インターナショナルの子会社で、同国のコマツ総代理店。主要顧客の石炭会社が世界的な石炭価格の低迷を受けて投資を手控えたことから苦戦を強いられた。

重機販売の低迷を受けて、同社は売上高の60%以上を占める採炭請負事業の拡大に乗り出している。同社はまた1995年設立の上場建設会社アクセット・インドヌサ株の過半数を来年初に取得することも検討している。(ジャカルタ=鈴木亘)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]