壱番屋の純利益52%増 6~11月最高、既存店が伸びる

2014/12/24付
保存
共有
印刷
その他

「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋は24日、2014年6~11月期の連結純利益が前年同期比52%増の15億円になったようだと発表した。従来予想は12億円だった。6~11月期としての過去最高を更新した。春にテレビ番組で取り上げられた効果や店舗の改装が寄与し、既存店売上高が伸びた。

売上高は6%増の217億円となった。従来予想は211億円だった。複数のトッピングを注文する客の増加で客単価が上昇し、既存店売上高は6.7%増となった。

15年5月期通期の業績見通しは従来予想を据え置いた。人件費が上昇しているほか、円安の影響などで原材料価格が高騰しているためという。純利益は前期比9%増の26億円を見込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]