中国人頼みにリスク、合弁の企業統治 反腐敗運動

2014/12/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車の中国合弁幹部に汚職の疑いをかけられたことは、中国に進出する日系企業が合弁相手にどうコンプライアンス(法令順守)を徹底させるかという課題を改めて突きつけた。習近平指導部が目指すのは「法治国家」の実現。日系企業にも細心の注意が必要になる。

日系企業の中国合弁事業において、中国人幹部は事業を円滑に進める上で欠かせない存在だ。地元政府や有力者とのパイプづくりや中国人従業員の労務対策は、現地の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]