2018年8月16日(木)

屈折率、空気と同等の素材を開発 京大

2014/12/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ■京都大学 早瀬元・研究員と修士課程の野々村和也さんは、光の屈折率が空気と同等で極めて透明な素材を開発した。医薬品などに使う水酸化アルミニウムの化合物でできた直径2~4ナノ(ナノは10億分の1)メートルの極細の繊維が綿のように絡み合った構造をしている。素材の上に小物やおもちゃを置くと空中に浮いているように見える。

 市販の水酸化アルミニウム化合…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報