遺伝子1種入れ皮膚細胞を血管細胞に 慶大・久留米大チーム

2014/12/23付
保存
共有
印刷
その他

慶応義塾大学の森田林平専任講師と吉村昭彦教授らは久留米大学と共同で、人間の皮膚細胞に1種類の遺伝子を導入して血管の細胞に変化させることに成功した。iPS細胞などの万能細胞を経ずに済み、短期間で目的の細胞を作り出せる。動脈硬化や血栓などの治療につながるほか、肝臓や腎臓など立体的な移植用臓器を作るのにも応用できるとみている。

今後、サルなどの大型動物で効果や安全性を確かめ、5年後をメドに実用化を目指…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]