/

この記事は会員限定です

ES細胞の混入濃厚 「小保方ノート」に残る謎

[有料会員限定]

理化学研究所が19日に発表した検証実験の結果により、STAP細胞の存在は事実上否定された。小保方晴子研究員が1月末に発表してから約11カ月、一時はiPS細胞に並ぶほどの期待を集めた「新万能細胞」の正体は何だったのか。研究自体が虚構だったかも含め、真相究明は外部委員で構成する調査委員会に委ねられる。笹井芳樹副センター長(当時)の自殺や小保方氏の退職によってどこまで迫れるかはわからない。

「(iPS細...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン