/

この記事は会員限定です

食品小口輸出に船便 ヤマトや北海道開発局

[有料会員限定]

北海道開発局が中心に始めた食品の小口の輸出サービスで、2015年度から船便を始める。これまで道産食材をアジアに航空便で届けていたが、大量輸送でコストを下げ、道内中小事業者の輸出を後押しする。輸入に比べ輸出が少ない苫小牧港の利用拡大にもつなげる。

新たに始めるサービスは「北海道国際輸送プラットホーム(HOP)2」。10月に台湾への輸送実験で食品の鮮度が維持できることを確認しており、早ければ15年度初...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン