/

この記事は会員限定です

有機ELディスプレー、少ない電流で明るさ2倍 山形大が試作

[有料会員限定]

山形大学の時任静士教授らは従来より少ない電流で2倍明るい有機ELディスプレーを試作した。印刷技術を応用し製造コストも約半分に抑えられる見通しだ。有機ELディスプレーは次世代テレビの候補の一つだが、高価格などがネックとなっている。2020年までに新技術を実用化してコストを抑えるとともに、明るく軽いなどの利点を生かし普及を目指す。

試作したディスプレーは10センチメートル四方で、厚さ0.25ミリメート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン