/

この記事は会員限定です

iPS研究シフトの死角 STAPの二の舞い懸念

[有料会員限定]

理化学研究所はSTAP細胞の論文不正を受け、神戸市の発生・再生科学総合研究センター(CDB)を大幅に改編・縮小した。名称も「多細胞システム形成研究センター」に変えたが、知名度が高いCDBの略称を残し、iPS細胞を使う目の難病治療の臨床研究を続けることにはこだわった。

CDBは英語「センター・フォア・ディベロップメンタル・バイオロジー(発生生物学研究センター)」の略だ。再生科学や再生医療の言葉は含ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン