/

神戸物産、経常益6割増で最高 14年10月期

食品スーパーの「業務スーパー」を展開する神戸物産は8日、2014年10月期の連結経常利益が前の期比約6割増の64億円と過去最高になったと発表した。従来予想は50億円だった。積極出店で客数が増え、売れ筋商品の値上げで円安に伴う輸入食材の仕入れ費用増を吸収した。期末配当は前の期比10円増の年80円とする。

売上高は19%増の2141億円で過去最高を更新した。「業務スーパー」を首都圏や関西地域に約40店出した。輸入食材の仕入れ費用は通期で1割強増えたが、約350品目の段階的な値上げで採算を確保した。4月の消費増税直後は国産品を値下げしており、機動的に対応した。

純利益は12%減の25億円だった。外食子会社の店舗閉鎖で特別損失を計上し、従来予想を下回った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン