/

この記事は会員限定です

名古屋のスマートシティ、日本ガイシの蓄電池採用

[有料会員限定]

名古屋市に環境配慮型都市(スマートシティ)を建設する大型再開発に日本ガイシの産業用蓄電池「ナトリウム硫黄(NAS)電池」が採用されることが8日、わかった。NAS電池はリチウムイオン電池に比べて1キロワット時あたりの単価が安いのが特徴で、スマートシティへの導入は首都圏以外で初めて。不振の電力事業の黒字化に向け、用途の多様化を進める。

名古屋市南部の港明地区で東邦ガスなどが手掛けるスマートシティに導入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り724文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン