/

この記事は会員限定です

民主の候補者、最少に 比例「野党共闘」を上位に

[有料会員限定]

野党は候補の絞り込みや比例代表の順位付けで選挙戦を有利に運ぼうと知恵を絞った。

民主党は「比例1位に小選挙区との重複立候補を並べる」との原則を一部で転換した。

北海道ブロックは北海道7区の民主公認となる新党大地代表の鈴木宗男氏の長女を単独1位に登載した。前回衆院選は民主と大地との票の奪い合いで自民、公明候補に競り負けて全敗した。比例1位は大地との選挙協力の象徴だ。

東海ブロックでは維新の党との選挙...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り459文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン