/

この記事は会員限定です

STAPが問うもの 予算膨張、ひずみ生む

[有料会員限定]

今年、世間の関心を集めた理化学研究所のSTAP細胞を巡る騒動では、科学技術政策のひずみによる矛盾が一気に噴き出た。科学への国の行き過ぎた介入や過熱する研究費の獲得競争、若手博士の「乱造」など……。科学技術立国に向け、STAP問題が突きつけた課題はどれも重い。

3月、理研の小保方晴子氏らによるSTAP細胞論文の不正疑惑が発覚して以降、野依良治理事長は少なくとも3回、下村博文文部科学相のもとに出向いた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン