OPEC、価格支配力に陰り 原油安長期化も

2014/11/28 1:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ウィーン=黄田和宏】石油輸出国機構(OPEC)が27日の総会で、原油生産量を据え置くことを決めた。世界経済の減速懸念もあって、原油価格は前回6月の総会時点から3割程度も下げているが、OPECの協調体制は乱れたままだ。これまでの強力な価格支配力に陰りが出ており、原油安は長期化する可能性が高まっている。

「偉大な決定だった」。最大の産油国、サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は総会後、報道陣にこ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]