/

この記事は会員限定です

食品大手、国内で大型投資 原料費高騰、効率高める

[有料会員限定]

食品メーカー各社が国内工場に大型投資する。プリマハムはソーセージの新工場を117億円で建設し、既存工場と比べて生産能力が3割高い工場になる。アサヒグループホールディングスは飲料工場に60億円を投じ、生産能力を2倍強に高める。食品業界は円安や新興国の需要増に伴って原料費の高騰に直面している。供給力を増強しながらコスト競争力を高め、市場シェアの拡大を狙う。

プリマハムは主力の茨城工場(茨城県土浦市)内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り559文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン