/

この記事は会員限定です

「溶連菌」感染症、増える劇症型 発熱と手足の腫れに注意

[有料会員限定]

発病から数日で手足の壊死(えし)や多臓器不全に陥る「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の患者の増加傾向が続いている。国立感染症研究所によると、今年は11月9日までに227人で、前年同期を48人上回っている。専門医は、発熱して急に手足が腫れて痛むなどの異変を感じたら、総合病院を受診するよう呼びかけている。

原因となるのは「溶連菌」と呼ばれる「溶血性レンサ球菌」。菌そのものはありふれており、咽頭炎を起こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン