/

この記事は会員限定です

原発廃炉損失、1基200億円 老朽7基で経産省試算

[有料会員限定]

経済産業省は、関西電力美浜原子力発電所1、2号機(福井県)など運転開始から40年前後の古い原発7基を廃炉した場合、電力各社の損失額が1基あたり200億円程度になるとの試算をまとめた。経産省は25日からの有識者会議で、損失を10年程度かけて電気料金に上乗せできる会計制度の見直しを検討する。老朽原発の廃炉を円滑に進める狙いがある。

見直し案をもとに2014年度中に会計制度を定めた省令を改正する方向だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン