/

この記事は会員限定です

ソニー、サッカーW杯スポンサー撤退 改革優先

[有料会員限定]

ソニーは国際サッカー連盟(FIFA)の主要スポンサー契約を更新しない方針を固めた。2007~14年の契約期間満了に伴い、主要スポンサーから降りる。15年3月期は「構造改革をやりきる1年」と位置づけ、上場来で初の無配も決めた。選択と集中を進めるなか、巨額の費用を伴うスポンサー契約の継続は難しいと判断した。

ソニーは05年4月に、FIFAと10年のワールドカップ(W杯)「南アフリカ大会」、14年の「ブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン