2018年7月18日(水)

三井住友F&L、中国で外貨建てリース 上海に現法

2014/11/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 三井住友ファイナンス&リースは日本のリース会社として初めて、中国で円やドルなど外貨建てのリース事業を始める。12月中にも上海の自由貿易特区に現地法人を設ける。企業から売掛債権を買って販売代金を回収するまでの資金繰りを支えるファクタリング業務も扱う。様々な資金ニーズに対応し、日系企業や現地企業を支援する。

 現地法人の資本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報