名大「3J」旋風 自由・地道・地元愛でノーベル賞

2014/11/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

青色発光ダイオード(LED)を実用化した日本人研究者3人の受賞決定に沸いた今年のノーベル物理学賞。うち2人は名古屋大の赤崎勇・特別教授と天野浩教授で、これで名大に在学・在職していた研究者の受賞は計6人となった。躍進の背景には、ものづくり王国・中部の地盤に支えられた、「自由」「地道」「地元愛」という3つの「J」が浮かぶ。

赤崎特別教授と天野教授の受賞決定以来、名大東山キャンパス(名古屋市千種区)の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]