/

この記事は会員限定です

モヤシ原料の緑豆高騰 前年比3割高、中国で生産半減

[有料会員限定]

モヤシの原料豆である中国産の緑豆が高騰している。日本向け輸出価格は2014年産が前年産と比べ3割高くなった。中国の主産地ではトウモロコシなどへの転作で生産が半減したもよう。モヤシはスーパーで特売の目玉になりやすく小売価格は下落傾向だ。モヤシ生産者は適正価格での販売を求める考えだ。

緑豆は国内需要約5万トンのほぼ100%が輸入品で9割が中国産だ。緑豆を発芽、成長させたものがモヤシだ。これから流通する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り385文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン