/

この記事は会員限定です

与野党舌戦、早くも熱 衆院解散 総選挙へ

自民「景気回復を最優先」民主「アベノミクス失敗」

[有料会員限定]

与野党幹部は21日午前、来月の衆院総選挙への決意を相次ぎ表明した。次期衆院選の争点を巡る舌戦は早くも熱を帯びており、自民党は「景気回復を最優先」、民主党は「アベノミクスの失敗」を訴える構図が鮮明になってきた。各候補者は午後の衆院解散を受け、急ぎ選挙区に入り、事実上の選挙戦に突入する。

「選挙を預かる幹事長として、自民党候補の全員当選を目指す。経済の好循環を確実なものとしたい。こうした流れを信任いた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン