空港審査、顔認証導入へ 五輪に向け待ち時間短縮

2014/11/18付
保存
共有
印刷
その他

法務省は18日、空港で日本人の出入国審査をする際、機械で顔を識別して本人確認するシステムを早ければ2017年度中に導入する方針を固めた。今年の夏に実施した実証実験でエラーが大幅に減少し、実用化できると判断した。

20年の東京五輪・パラリンピックに向けて訪日外国人の増加が見込まれており、法務省は日本人を審査する人員を減らす代わりに外国人の担当を手厚くし、待ち時間の短縮を図りたい考えだ。

顔認証は、パスポートの内蔵チップに記録された顔写真データと、審査場のカメラで撮影した顔の画像をコンピューターで照合し、同一人物かどうかを確認する仕組み。英国やドイツ、オーストラリアは既に導入している。

法務省入国管理局によると、今年8~9月の実験では成田、羽田両空港で5社の機械を試し、協力を得た13歳以上の2万2341人の審査データを集めた。同一人物と識別できなかった割合が最も低い会社は0.26%だった。

12年夏にはこの5社の中の1社の機械で実験したものの、エラー率が約17%と高く、導入をいったん見送っていた。しかし昨年五輪の開催が決定したため、再実験を決めた。

識別に失敗したケースでは、対象者が眼鏡を掛けていたり、前髪が眉にかかっていたりしていた。入管の担当者は「精度向上のための方策を検討し、早期の導入を目指したい」と話している。

法務省の外部有識者委員会は18日、上川陽子法相に「認証技術が相当程度向上し、十分活用できる」とした実験の報告書を提出した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]