/

この記事は会員限定です

デートだって軽自動車でいい(若者50年の足跡)

[有料会員限定]

クルマといえば、昔は若者の必須アイテムだった。「ハコスカ」に「ケンメリ」「レビン」「プレリュード」……。往年の国産スポーツカーは20~30代男性のあこがれの的で、女性も助手席に乗りたがった。それが、おかしい。若い男女は今、クルマにあまり関心がない。自動車大国ニッポンで、いったい何が起きているのか。

「ほしい車、ないですよね」

自動車アナリストの遠藤功治(56)はある日、男性アシスタント(26)から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン