/

この記事は会員限定です

いわき 遠い「大漁」 試験操業1年、残る出荷制限

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所の事故後、漁を自粛した福島県いわき市の漁業協同組合が昨年10月に試験操業を始めて1年余り。放射性物質の基準値を下回る魚種は増えているが、県漁連は約150の全魚種の安全性が確認されるまでは本格操業を再開しない方針だ。「いつになれば元通りの漁が……」。漁業関係者は不安を抱えながら安全性の発信に懸命に取り組んでいる。

「安くて新鮮だよ」。今月9日、いわき市の小名浜港で、原発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り821文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン