/

この記事は会員限定です

関西外食、首都圏へ 五輪需要や富裕シニア狙う

[有料会員限定]

関西の外食企業が首都圏への出店を拡大する。中堅回転ずしチェーンの大起水産(堺市)は11月末にも首都圏1号店を出すほか、王将フードサービスは首都圏で大量出店を計画する。2020年の東京五輪を見据えて、増える訪日外国人客、購買力の高いシニアの需要を取り込む。

大起水産の首都圏1号店はイトーヨーカドー古淵店(相模原市)内に出店する。主力の回転ずし店「大起水産」(約70席)だけでなく、自社運営の鮮魚販売店...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り767文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン