/

この記事は会員限定です

屋島の水族館閉鎖 来年にも、規制で耐震進められず

[有料会員限定]

高松市の景勝地、屋島の山上にある水族館「新屋島水族館」が閉鎖されることが10日、明らかになった。同水族館は開業から40年以上経過しているが、国立公園内にあることなどから建て替えや増築が困難で、運営側のアクリルパネルメーカー「日プラ」(香川県三木町)が継続を断念、高松市も同社の判断を受け入れた。2015年中にも閉鎖する。

屋島は高松を代表する観光地の一つだが、近年は観光客が減少。伝統的観光地の再興...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン