/

この記事は会員限定です

四国シキシマパン、食感向上へ5億円投じ設備更新

[有料会員限定]

敷島製パンのグループ会社で四国唯一の生産拠点の四国シキシマパン(愛媛県砥部町)は、約5億円を投じて食パン製造ラインを刷新し、本格生産を始めた。オーブン設備などを更新し、主力商品「超熟食パン」の食感を向上させた。超熟は四国内での食パンシェアがトップだが、他社の商品が追い上げている。設備更新で商品の魅力を高め、顧客拡大につなげる。

更新した設備は生地を膨らませる「最終発酵室」と焼き上げる「オーブン」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン