/

この記事は会員限定です

福島第1原発、核燃料回収で第2の道探る 日仏英の企業参加

[有料会員限定]

政府は東京電力福島第1原子力発電所の廃炉に向け、溶け落ちた核燃料(デブリ)を原子炉から取り出す技術の開発に本格的に乗り出す。これまで検討してきた炉内に水を満たし取り出す「冠水工法」に加え、水で満たさずデブリを取る方法の開発にも着手する。開発には日仏英などの原子力関連企業が参加。今後30~40年かかる廃炉の実現性を高めるのが狙いだ。

福島第1原発は冷却機能が失われて1~3号機で炉心溶融(メルトダウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン