/

この記事は会員限定です

ビットコイン決済、米有力企業の採用相次ぐ

安い手数料が魅力

[有料会員限定]

決済大手ペイパル、IT(情報技術)大手デルなど米国の有力企業で仮想通貨ビットコインを決済手段に採用する例が相次いでいる。対応する会計ソフトやレジなどを開発・投入する動きもある。2月の大手取引所「マウントゴックス」の破綻で世界的に一時信用が揺らいだ。しかし米当局が課税対象資産と認めたことに加え、クレジットカードに比べ決済手数料が安い点が魅力となっている。

ペイパルは今年中にスマートフォン(スマホ)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1435文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン