/

この記事は会員限定です

スーパーのサミット、野菜を自社生産 耕作放棄地で白菜など

[有料会員限定]

食品スーパー大手、サミットは農業分野に参入する。山梨県の農場で白菜の自社生産を開始しており、11月中に収穫して都内の店舗で販売する計画だ。無農薬栽培にこだわって安全性や安心感を消費者に訴える。白菜やレタスなどの葉物野菜は天候不順で相場が乱高下する傾向にあり、市況に左右されずに農産物を安定供給できる体制をつくる狙いもある。

山梨県北東部の丹波山村から1000平方メートルの耕作放棄地を借り受けて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン