/

この記事は会員限定です

ダイイチデンシ、小型コーヒー焙煎機を輸出 アジア中心に

[有料会員限定]

機械メーカーのダイイチデンシ(京都市)は、自動制御方式の小型コーヒー焙煎(ばいせん)機の輸出を始めた。アジアの飲食店から受注したのを足掛かりに、欧州向けの供給も目指す。新興国では経済成長などを背景に嗜好品であるコーヒーの消費が伸びている。展示会への出展も強化するなど、海外向けの業務用焙煎機事業の展開を加速する。

同社は従来の主力製品だった制御盤の製作で培った技術ノウハウを生かし、2年前に全自動のコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン