/

この記事は会員限定です

老朽インフラ点検、中小活躍 無人ヘリやロボット活用

[有料会員限定]

高度成長期につくられた道路や橋といったインフラの老朽化を受け、独自の点検技術などを持つ中小・ベンチャー企業の活躍の場が広がっている。各社はロボットなどを活用した省力化と同時に、一つ一つ異なるインフラの状況にきめ細かく対応して顧客を増やす。今後も拡大する市場に向けて、ベンチャーによる新技術開発も活発になりそうだ。

川にかかった橋の裏側に80センチメートル四方の大きさの無人の小型ヘリコプターが近づいて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1125文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン