貧困層融資、アジア底上げ 先進国マネーが原資

(1/2ページ)
2014/10/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

貧困層に無担保で少額の資金を貸す「マイクロファイナンス(MF)」がアジアで拡大している。借り手は数万円を元手に事業を広げ、中間層へと育つ。貸し手の金融機関は社会貢献を目的とする一方、ビジネスとしても確立しつつあり、先進国の投資マネーも流入し始めた。アジアは10兆円近い世界のMF市場の半分近くを占めるとみられ、経済成長を底上げする役割を担う。

「バイクや車を買ってから商売の幅が広がったわ」。フィリ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]