/

駅員2人寝坊、営業開始遅れ 東京メトロ南阿佐ケ谷駅

15日朝、東京都杉並区の東京メトロ丸ノ内線南阿佐ケ谷駅で、宿直明けの駅員2人が寝過ごしたことから営業開始が約30分遅れ、同駅を午前5時3分に発車する始発電車に乗客34人が乗車できないといったトラブルがあった。

東京メトロによると、同駅では駅員が午前4時半に起床し同50分までに営業を始めることになっているが、駅員は目覚まし時計のアラームを止めて再び寝たという。始発電車が到着した時点で、3カ所ある出入り口のシャッターが全て閉まったままだった。

総合指令所からの連絡で起床した駅員がシャッターを開けるなどして5時18分に営業を開始。始発電車は約1分遅れで同駅を出発したため、乗客34人が乗車できなかったほか、下車した2人が一時、駅から出られなくなった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン