竹中と日本MS、人工知能でビル制御 空調など最適化

2014/10/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

竹中工務店と日本マイクロソフト(MS)は人工知能技術の一種の「機械学習」を活用し、オフィスビルなどの環境を最適にするサービスを2015年に始める。空調設備などのデータを蓄積・分析して、自動で対応を指示する。管理担当者を減らすことなどができるため、コストが抑えられる。デベロッパーなどに売り込み、16年までに約20棟への導入を目指す。

ビル内の空調や照明、人の流れといった大量のデータをインターネット…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]