/

この記事は会員限定です

LED普及「予想外の早さ」 ノーベル物理学賞座談会

[有料会員限定]

2014年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇教授と名古屋大学の天野浩教授、米カリフォルニア大学の中村修二教授に贈られる。今回の受賞は環境問題の解決につながる科学技術の重要性を示した。赤崎教授との電話インタビューを織り交ぜながら、日本学術振興会の安西祐一郎理事長(元慶応義塾塾長)、総合科学技術・イノベーション会議の久間和生議員(元三菱電機副社長)、日本科学未...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2381文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン