2019年5月24日(金)

大阪商業大、カジノ運営の人材育成へ 大学院に専門コース

2014/10/6付
保存
共有
印刷
その他

大阪商業大は6日、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)を運営する人材を育てるため、大学院に専門コースを新設すると発表した。全国的にも珍しい取り組み。IRを巡っては、整備推進法案が国会に出され、大阪府と大阪市が誘致を進めている。

記者会見した谷岡一郎学長は「IRには会計や法律などの面で今までの大学院ではカバーしきれないタイプの人間が必要。日本に足りない人材を育てていきたい」と話した。

大商大によると、開設は来年4月。地域政策学研究科に修士課程「特別教育研究コース」を設け、若干名の社会人を募集するとしている。

カジノの経済効果に詳しい美原融大商大アミューズメント産業研究所所長や、ラスベガスのカジノのスタッフ経験がある教員が、IRに必要な専門知識を習得させる。海外で研修するほか、IR先進国の事例やギャンブル依存症の対策を学ぶ。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報