2019年6月17日(月)

レトルト食品、箱ごとレンジで加熱 凸版印刷が新包装材

2014/10/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

凸版印刷は電子レンジで外箱ごと加熱できる食品用包装材を開発した。加熱すると、食品の入った樹脂製の内袋が適度に蒸気を逃がしつつ膨らんで、紙製の外箱が自然に開く仕組み。外箱ごと加熱できる既存の商品では事前に箱を開ける必要があった。手間を省いて外箱ごと加熱できるようにすることで高齢者向け商品での採用を見込む。

11月に売り出す。シチューやカレー、煮物などのレトルト食品での利用を想定する。常温保存できる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報