/

台湾の強冠企業、社員の7割解雇へ

■強冠企業(台湾の食用油メーカー) 廃油を原料にした違法な食用ラードが流通した問題で2日、社員の7割にあたる約70人を3日から順次解雇することを明らかにした。現在は工場の操業を停止するなど売り上げが無く、コスト削減が必要なためという。

強冠企業には日本の月島食品工業が約26%、三井物産グループが約10%を出資している。強冠の現在の社員は103人で、解雇する社員には退職金は支払うという。残った約30人の社員については今後の状況をみて判断する。同社トップ、葉文祥董事長は詐欺や食品安全衛生管理法違反の疑いで9月中旬に台湾当局に拘束されており、経営存続に不透明感が出ている。(台北=山下和成)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン