/

この記事は会員限定です

御嶽山、登山届徹底されず 不明者の把握難しく

[有料会員限定]

御嶽山の噴火で、山頂付近で取り残された人らの捜索・救出活動が1日午前、再開された。これまで十分な捜索ができなかった場所などから新たに心肺停止状態の登山者が見つかった。今回、御嶽山には登山届を出さずに入った人が多く、行方不明者数の把握を難しくしている。専門家は「災害に遭うリスクを考えて登山届の提出を徹底してほしい」と話している。

山で災害が発生して遭難者が出た場合、登山届は行方不明者数を把握し、犠牲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン