北関東、車や百貨店苦戦 増税半年、消費回復に差

2014/9/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

消費増税からほぼ半年がたち、北関東では品目により個人消費や住宅投資の回復に差が生じている。自動車は受注ベースで2ケタの前年割れが続き、百貨店の夏のセールも不発に終わった。一方で住宅、ゴルフ用品などは上向く兆しが出てきた。今後の焦点は実質賃金の動向だ。栃木県や群馬県は全国平均を上回る下落幅となっており、消費者の間に節約志向が広がる恐れもある。

栃木ダイハツ販売(宇都宮市)によれば、同社の軽自動車の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]