マグロカレー、土産にいかが 青森・深浦町

2014/9/26付
保存
共有
印刷
その他

青森県深浦町産のクロマグロを使ったご当地グルメ「深浦マグロステーキ丼(マグステ丼)」を大ヒットさせた深浦マグロ料理推進協議会(西崎朋会長)が、第2弾となる「ザ・深浦マグロカレー」を発売した。深浦特産のクロマグロを町外でも味わってもらおうと、土産物として開発した。

レトルトパウチ食品で200グラム入り。青森県一の水揚げを誇る深浦町産の天然クロマグロ60グラムを使用している。価格は700円。マグステ丼を提供する深浦町内の飲食店や観光施設の売店のほか、青森空港などにある青森県漁協連合会の直営店で販売している。

兄貴分のマグステ丼はクロマグロの刺し身、片面焼き、両面焼きの3種類で味わう丼。昨年6月に登場し、現在までに5万7千食を売り上げるなど好調を続けている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]