魚の町復興、付加価値磨く 石巻は商品力で単価アップ

2014/9/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災から3年半が過ぎ、水産業が主力の各都市による独自の取り組みが目立ってきた。なかでも際立つのが、競い合うように新たな取り組みを打ち出している宮城県の石巻市と気仙沼市だ。両市の自治体や業界の関係者はどんな問題意識を持ち復興を目指すのか。商品開発や販路開拓といった多くの課題を乗り越えようとするライバル2市の動きを追った。

「石巻は魚価が安い」。亀山紘石巻市長は地元の弱みをこう話す。石巻は県…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]