/

上海黄金交易所、外国人による金取引開始

■上海黄金交易所(SGE、中国商品取引所) 「国際板」による金取引を18日に始めた。取引は人民元建てで行われ、上海の自由貿易試験区内の投資家と外国人投資家が取引専用口座を通じて金を取引できるようになる。

中国は世界最大の金消費国だが、これまでは外国人による売買を原則禁止していた。中国は限定的ながら外国人の売買を認めることで、上海市場の人民元建ての金価格をロンドンやニューヨークに匹敵する国際的な指標価格に育成すると同時に、人民元の国際化につなげることを目指す。(上海=土居倫之)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン