テレコムニカシ、携帯販社株25%取得

2014/9/18付
保存
共有
印刷
その他

■テレコムニカシ・インドネシア(インドネシア最大の通信会社、通称テルコム) 子会社を通じ現地の携帯販売会社ティフォン・モバイル・インドネシアの株式25%を約1兆3900億ルピア(約124億円)で取得し、第2位株主となる。

すでにテルコムの子会社ピンズ・インドネシアが先週、既存の4株主から11億1000万株を8760億ルピアで取得。さらにピンズは18日、ティフォンが発行する6億3800万株を5180億ルピアで買い取る予定。

ティフォンは国内400店以上の直販店で携帯電話とプリペイドSIMカードを販売している。今回の株式取得によりテルコムは、XLアクシアタやインドサットなどライバル製品を置かない自社製品だけを扱うティフォン販売店を開けるようになる。(ジャカルタ=鈴木亘)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]