/

野菜、平年より高く 農水省が9月後半の見通し

農林水産省は17日、9月後半の野菜の価格の見通しを発表した。8月中旬以降の天候不順が影響し、一部の野菜の出荷が減って価格が平年(過去5年の平均)を上回る可能性があるとしている。

価格が高くなると見込まれるのはキャベツなどの一部の葉物野菜やキュウリ、ナスなどの果菜類だ。8月中旬以降の日照不足や気温低下のため生育が遅れている。気象庁によると9月末までこうした天候が続く見込みだ。キュウリは2月に関東甲信を襲った大雪でビニールハウスが大量に倒壊した影響も出ている。

東京都中央卸売市場では現在、平年に比べキャベツが7割、レタスが5割、ナスが3割高くなっている。一方、ネギは2割、ホウレンソウは1割安い水準だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン