2019年4月18日(木)

不正送金先の52口座凍結 警視庁、840万円被害防ぐ

2014/9/16付
保存
共有
印刷
その他

取引ごとに発行される「ワンタイムパスワード」を盗み取るウイルスを使ったインターネットバンキングの不正送金で、警視庁サイバー犯罪対策課は16日、送金先として開設されたとみられる4銀行の計52口座を凍結したと明らかにした。

サイバー犯罪対策課によると、凍結した52口座のうち32口座に対して38件、計約2千万円の不正送金があった。19件(1150万円)は凍結前に引き出されていたが、残り19件(840万円)は凍結により被害を防ぐことができたという。

ワンタイムパスワードは取引ごとに変わるため安全性が高いとされるが、三井住友銀行が5月、偽画面を表示させてパスワードを盗み取る新型ウイルスによる被害を受けたと発表した。

セキュリティー会社「セキュアブレイン」(東京)がウイルスを分析し、不正目的とみられる口座の情報をサイバー犯罪対策課に提供した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報