/

この記事は会員限定です

アップル新スマホ、日本勢は部品で存在感

[有料会員限定]

米アップルが19日に日本で発売する新型スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)6」は日本メーカー製の電子部品を多数採用している。格安スマホの広がりで部品価格の引き下げ要求が強まるなか、高価格の先端部品を多く使うアップルの存在感は部品会社にとって依然大きい。各社は新機種への採用をうたい文句に、他のスマホメーカーへの販売拡大も目指す。

今回初めて採用される注目部品が、スマホ搭載カメラの手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン